グッスリ睡眠で体をコントロール|自律神経

睡眠|サフラン

私たちの体が、体の各機能や体温を常に一定に保とうとすることを「恒常性」(こうじょうせい)と言います。「ホメオスタシス」とも言います。
この恒常性が体に備わっていることで、意識するしないに関わらず生命維持が出来るようになっているのです。
私たちが最も意識しない時間「睡眠時間」にも働いているのがこの「恒常性」で、
その司令塔となっているのが「自律神経」です。
今回は「自律神経」の働きと「睡眠」の関係について考えてみましょう。

体をコントロールする司令塔「自律神経」って?
「自律神経」は、簡単に言えば体の各機能に「オン」と「オフ」のスイッチを入れるような役割を担う体全体の司令塔です。
「自律神経」には「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つの活動がバランスを取りながら行われることで、「動」と「静」、「アクティブ」と「リラックス」、のように
相反する体の働きをコントロールすることで、健康に生命活動を維持することができています。

「交感神経」の働き=「動」のスイッチ
・起きて活動している時や、緊張状態の時に優位に働く
・血管が収縮する
・血圧上昇
・心拍数があがる
・汗をかく
・興奮状態になる
・瞳孔が開く

「副交感神経」の働き=「静」のスイッチ
・寝ている時やリラックス状態の時に優位に働く
・血管が弛緩する
・胃酸などが十分に分泌されゆっくりと消化機能が働く

「交感神経」と「副交感神経」のバランスは、私たちが意識していなくても働くのですが、
一方で
意識して「コントロール」できないというのも特徴です。
そのため、「自律神経」がバランスを取りやすい「体環境」を整えることを目指していくしかないのです。

バランスが第一!「副交感神経」を活性化しよう
体のオンとオフをコントロールする自律神経のバランスを整えるにはコツがあります。
それは「副交感神経を優位にすること」です。
副交感神経が働くと、
血管が弛緩しゆっくりと全身に血液が巡ることで、体の隅々にまで血液が行き渡り
体の各機能に必要な酸素や栄養分がしっかりと届くためです。
日中感じている緊張やストレスなどの張りつめた体をゆるめリラックスさせる副交感神経は、現代人の生活では中々優位になる機会が少なくなっています。
むしろ交感神経が働きすぎることで心臓や血管に負担がかかった状態になりがちなのです。

良質な「睡眠」で「自律神経」をリラックスモードに
「副交感神経」を優位にするために最も改善したいのが「睡眠」の質です。
リラックス状態の時に優位になる副交感神経は、睡眠時に最も活発に働きます。
今、日本人の睡眠の質は低下傾向にあるとも言われ、高齢者では約5人に1人は何らかの睡眠の悩みがあるとも言われています。
「睡眠」の質を高める習慣を積極的に取り入れることは、
自律神経のバランスを整えることにつながり、心と体の健康維持に必要な状態をつくりやすくなります。
「良質な睡眠」とは
・すーっと自然に眠りにつける
・夜中に目が覚めない
・朝自然に目覚められる
・起きた時にスッキリしている
という睡眠です。

良質な「睡眠」につながるおススメ習慣
良質な睡眠を確保するために、役立つ対策としては
・朝日を浴びる
・入浴は熱すぎないお湯につかる
・日中緊張している体をほぐす程度にストレッチを行う
・夜は刺激物を避けた食事を摂り、消化に負担のかからない食事を摂る
・カフェインやアルコールは控えめに
・寝る直前にはテレビ、パソコン、スマホなどの画面をあまり見ないようにして、目からの刺激を少なくする
などがありますので、ぜひ取り入れてみてください。

また、継続的に自律神経を整えるためにサプリメントなどを活用するのもおススメです。
自然素材のものなら、体への負担も少なく体本来の状態を整えやすくなります。
体を温めるような素材をはじめ、「サフラン」に含まれる「クロシン」という成分も、入眠をスムーズにするのに役立ちます。
ライフスタイルや体のリズムに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか?

*----*----*----*----*----*----*----*

当社では、日本人の「睡眠」を健康的に維持するために、睡眠のメカニズムを研究し、
自然な眠り、自然な目覚めに役立つ商品をご紹介しています。
『女神の休息』は、サフランをはじめとした自然素材の力を活用し、
「睡眠」をサポートする新習慣としてお客様にご愛用いただいています。
ブレンドしている素材や成分についても、ご紹介していきますのでどうぞご期待ください。

⇒⇒感動の休息サプリメント『女神の休息』はコチラ↓↓↓から